BLOG

制作に関する事や
日々の出来事を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Bespoke
  4. 良い靴の条件とは?

良い靴の条件とは?

良い靴の条件とは、足に合った履きやすい靴です!

が、それは最低条件であり一言では、語れません。

その中でも、まずは、ラスト(木型)です!このラストがないと靴がつくれません。

当たり前ですが、ラストを削り出すには、緻密に足を採寸します。

足裏、外郭線、高さ、幅、緻密に足を採寸していきます。その箇所、片足30箇所、左右で60箇所、しかもそれぞれ、平面上と

踵高上(靴を履いた時の状態)で合計120箇所!

ただ、足回りを測るだけではなく、足にセンターラインを引いて、内側と外側の比率も考慮に入れて、採寸します。

これは、フィッティングに大いに関わってきます。簡単に言えば、靴に足を入れた時に、内外で革が引っ張られるので、

均等にテンションがかかるように設計するためです。これが包み込まれるようなフィット感に繋がります。

メジャーで測るときは、締めすぎても、緩すぎてもダメです。足肌に程よく触れるようにバネ測りで測ります。

その強さは100gで、また足の柔らかさもみるため、500gでも測ります。

ここまで測るのは、世界ひろしといえども、NIHILぐらいです。

佐賀のオーダーメイドを超える靴・靴修理のNIHIL|ニヒルビスポークシュー

関連記事